雑記(ブラジル感想)

非常に更新が滞っていました…(汗)
先日の記事のブラジルトミオフクダDOTをしばらく飲み続けています。
やはりブラジルは少し浅めで煎り止めた方が良い結果になることが多いですね。
今回のトミオフクダも2度目の浅めの焙煎の方が風味がよく出ています。(とは言っても一般的には十分深煎りですが)
非常に好みな味で、あぁやっぱり自分はブラジルが好きなんだなぁと。素朴だけど、決して没個性的でなくて…。
少し濃い目で淹れてあげると最高に美味しいです。
それでは。

[PR]
by exp_cafe | 2017-07-12 23:30 | 珈琲 | Comments(0)

生豆をポチりました。

私は趣味で焙煎をしているのですが、自宅にある生豆のストックが底をついてしまったので、新たに生豆を買い足しました。
品名はブラジルトミオフクダDOT(ムンドノーボ種)。
数年前にも同じものを購入したのですが、そのときから私のお気に入りで、珈琲店などでメニューに載っていると迷わずこれを頼みます。(もともと私はブラジルの豆が一番好きなのです。)
この豆の特徴としては、"強くて優しい甘みやうまみ"といった部分が真っ先に思いつきます。これは、樹になっている状態で完熟、乾燥させること(Dry On Tree)の恩恵なのかなと個人的に感じています。届くのが楽しみです。

[PR]
by exp_cafe | 2017-06-19 17:09 | 珈琲 | Comments(0)